たろーのごった煮帳

アクセスカウンタ

zoom RSS ついに出た!カープ監督辞任の話を想う

<<   作成日時 : 2005/09/07 18:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

いよいよ出ました、燃えるストーブの話題!監督辞任!
もしかしたらファン待望かもしれないお話なのですが、想うことを少々。

〜山本浩二監督を想う〜
カープファンにとって、山本浩二は特別な存在です。86年に引退するまで勝負強い打撃でカープの黄金時代を支えた主軸であり、広島出身でカープの中心!地元の英雄みたいなもんです。ラストも優勝して引退したところにある意味の華やかさを感じ、当時王さんが巨人の監督をやっていたので、いずれカープの監督やるんだろうな〜と思ったもんです。
89年だったかな?監督になり、91年は日本一は逃しましたが優勝、ミスター赤ヘルの面目を躍如した年だったのですが、当時高校生だった自分には、日本シリーズでの川口の獅子奮迅の働きに感動!と同時に、往年の投手力の低下を感じたときでもありました。生意気な年頃でもあり、脱ミスターで投手力を底上げしないと、4・5年優勝できんじゃろ!と言い放っていたころなのですが、まさかまさか・・・その後は徐々に投手陣が弱体化をたどり、メイクドラマという呪いのマジックのトラウマにかかり、14年にわたって優勝を見ることができなくなるとはなぁ〜。
山本浩二が監督をやると、すばらしい打者が育つのに、投手は伸び悩む。第一次政権当時に我が父様がお言葉を発しましたが、自分も同様に思ったもんです。広島野球の真髄は、守備と機動力と投手力である!と再確認し、名選手・名将にあらずと痛感させられたのです。

ときは流れ・・・90年代後半でも投手陣が低迷を続け、なんとかしなければと捕手出身の達川を監督に迎えるも失敗してしまい、いよいよもって心機一転を図らねばなるまいというときに、ミスター赤ヘル再登板!パルプンテの呪文ですか?と正直開いた口がふさがらなかったっけ・・・。
5年ですか、打者は育ったような気がするけど、投手はどうなっとるんじゃ・・・守備陣はう〜む・・・・正直何一つ状況が改善されてない現在にいたります。巨人のようなミスター野球を、ミスター赤ヘルは規模を変えて継承し、チームは本当に泥沼を歩んでいるんだと感じます。
若いカープファンである20歳の弟には、ミスター赤ヘルはまったく輝きを失った存在です。でもそうさせたのは、第二次政権を立てさせたフロントであって浩二ではないのかもしれませんね。
コーチを挿げ替え、監督変えず・・・まさにどっかのチームの歩みだな。

〜辞任報道を見て想う〜
ものすごく個人的な考えとしては、シーズン途中に辞任の話を出す必要はないと思っています。
交代なんてすべての公式戦日程終了後で問題ないと考えているからです。どうしても早く決めたいのなら、正直即刻退いて、木下2軍監督に引き継ぐか、三村ヘッドコーチ(それはそれでちょっと抵抗ありますが)にでもすべきと考えます。水面下で下準備云々ならばともかく、今ぶち上げてもなんにもならないと思いますが・・・。秋季キャンプなどは、選手とコーチでできるでしょ、底上げキャンプかリハビリキャンプになるんだから。
外部招聘だ、OBだ、外国人だと取りざたされてますが・・・・ことここに到っては、出来うる限り長期展望で構いませんので立て直せるプランを持つ方にしていただきたいと思います。あの巨人でさえ手法はともかく変わろうとしてますから、もう少し広島カープには頑張って欲しいものです。

プロスポーツだから、勝ち負けにうるさくなるのは当然でしょう。勝てないチームは応援したくないって人もいるだろうけど、勝てるようになるためにどんなことをして行くかを見せるのもプロスポーツと思います。個人成績でファンを楽しませる存在だってあるんだし!外国人選手を連れてきて、大活躍!なんてのも楽しみになったりするんですからw
野球人気低迷といいますが、野球人口は決して減っていない(草野球なんか人多すぎなくらいだよw)と感じますし、これから始める人、今やっている人、そんな人たちの手本になるような野球をやっていったらきっと強くなると信じます。
だから選手のみんなには、どんなに低迷してもくさらないで頑張って欲しいし、広島カープで懸命にプレイする選手を自分は全力で応援します!それがカープファンだと思っています。たまに・・・こんにゃろカープから出て行け〜!とか言っちゃうときもありますけどね(ごめんなさい

最後は・・・的外れかもしれないけど、なんかいろいろと思いをはせた1日になりました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。
昔プロ野球を愛し、阪神タイガース一筋、そして今中学校野球部顧問をしている者です。
広島以外に居住している者にとって、カープファンというのは羨ましいものです。
なぜかといえば、全国で唯一、カープは市民球団であるということ。
他の11球団は、最近でこそパ・リーグのチームが地域密着を図ってきたとはいえ、その歴史の深さはカープには到底カープには及びません。
山本浩二といえば、法大3羽ガラスとして鳴り物入りで球界入りし、
カープ一筋で広島のために働いてきた男。
なかなか他の球団には見当たりません。
それなのに、球団の不振を(フロントは)自分たちでは何もしないで大物生え抜き監督に任せるだけ、という今の球団のあり方には特にファンでなくとも疑問です。(言いすぎでしょうか)
せっかくの市民球団なのだから、他の地域がうらやむような、地域密着の球団作り、して欲しいです。
山本監督が成績不振を理由に辞任というのは、他球団のファンとしても許せません。(長くなって申しわけないっ!)

mizu-t
2005/09/07 18:18
コメントありがとうございます。
カープは市民球団でもあり、市民の声の届かない球団にもなってる感もあり、いろんな意味で岐路に立たされているかもしれません。
即座に変わらなくても、ゆっくりと良くなるのをファンとして望みたいと思います。ファンの方も何かしないといけないですね。
問題山積のチームですが、スタッフ入れ替え、心機一転頑張って欲しいですね。
いつの日か、山本浩二にもぉ一度何らかの形で感謝を込めて御礼できるといいですね。
はやたろー
2005/09/09 16:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
ついに出た!カープ監督辞任の話を想う たろーのごった煮帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる